JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

BMW ALPINA(ビーエムダブリューアルピナ)

EMBLEMエンブレムの由来

1965年、当時のチューニングの象徴としてアルピナ社の基礎を築いたダブル・チョーク・ウェーバーのエアファンネルそしてクランクシャフトを加え赤と青を配色したエンブレムで、赤は限りない情熱、青は知性、高い志を意味しています。
今日では比類ない独自の個性を誇るドイツで最も小さい高級高性能自動車メーカー、アルピナの証です。

IMPORTER取扱インポーター