JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

東京モーターショー2019 特別企画

2019年12月4日


~アルピナ社CEOインタビュー~

アルピナ社 日本総代理店、ニコル ・ レーシングジャパン は東京モーターショー 2019 にワールドプレミアの『 B3 リムジン 』をはじめ、ジャパンプレミアの『 XD4 』など合計 4 台 を展示 し ました 。 同社としては 17 回目の出展とな ります 。同時にアルピナとニコルの関係は1979 年に始まったことから今年で 40 周年を迎え、 アルピナ 社 代表取締役社長のアンドレアス・ボーフェンジーペン 氏 も応援に駆け付けました 。

bmw_alpina1
bmw_alpina2

今回は特別にインタビュー時間をいただけたので、現在のアルピナの状況から、日本との関係、そして将来について 、 A ・ボーフェンジーペン氏と、ニコル・レーシング ジャパン 最高経営責任者の C.H. ニコ ・ ローレケ氏 に 語って いただきました 。


◆要求より1台少なく

Q:初めにアルピナのグローバルでの販売状況を教えてください。

アルピナ社CEOアンドレアス・ボーフェンジーペン氏(以下敬称略):約1,500から1,600台の販売を記録しています。

Q:プレミアムブランドとしてその台数は適切だと考えていますか。例えば、アルピナユーザーの中にはたくさん街に走ってほしくないと思う方も多くいると思います。その点を踏まえるともう少し伸びてもいいと思っているのでしょうか。

A・ボーフェンジーペン:もう少し伸ばしてはいたいと思いますが、一気に伸ばすのではなくマイペースで。アルピナの考えとしては常に市場から要求される台数より1台少なく生産する考えで、無理に伸ばすつもりはありません。

◆アルピナの哲学を理解している日本市場

Q:では、日本市場はいかがでしょう。

A・ボーフェンジーペン:日本は昔から大事な市場です。現在は世界第3位です。以前はイギリスが3位でしたが、この頃はずっと日本が第3位。1位はドイツで2位がアメリカ、ドイツは年間大体5~600台の販売台数で推移しています。

C.H.ニコ・ローレケ氏(以下敬称略):今年、日本市場は200台ほどです。現在3シリーズがラインナップにはありませんが、来年秋頃に日本に導入が始まる予定ですので、2020年から2021年には徐々に台数は増えていくでしょう。

Q:本国から見た時にその台数はいかがですか。

A・ボーフェンジーペン:高い評価です。

Q:ではこの日本市場はどういう特徴があると考えていますか。

A・ボーフェンジーペン:日本のお客様はかなり自動車に関しての知識が高く、また、アルピナの哲学をよく理解しています。さらに細かいところまでのクルマの質感やクルマ作りへのこだわりに関しては実に感動的です。

Q:その辺りは他の国々とは違う特徴なのですか。

A・ボーフェンジーペン:そうです。例えばアジア圏の市場であればそこまでの理解もなく、こだわりもあまりありません。

◆アルピナの秘密は二面性

Q:いまアルピナの哲学というお話がありましたが、それを具体的に教えてください。

A・ボーフェンジーペン:アルピナは決してクルマを開発する過程で最高出力のみを追いかけたり、レーシングカーのような感覚で走らせたりするようなことはあまり考えません。それよりももっと調和を大事にしています。つまりクルマ全体としての総合的なバランスが取れていることを重要視しているのです。
例えばエンジンでいえば常に重要視しているのはトルクです。しかも出来るだけ太いトルクを特に中間域で出るような設定をしています。そうすると最高出力をより高くするよりも、毎日の使い勝手において乗りやすさに繋がるのです。
また、トランスミッションもDモードのままでの走りは非常にスムーズで快適。よりスポーツ感覚を味わいたい場合にはSモードやステアリングホイールでのマニュアルシフトに切り替えれば楽しめます。
つまりアルピナの秘密は二面性を持っているということです。日常的にはまるで普通の乗用車のような使い方が出来る一方、ルームミラーにスポーツカーが近づいてきた場合には、そのスポーツカーに負けないような走りが出来るのです。その魅力が日本のお客様には受けていると言えます。このスペースの少ない日本で、スポーツカーと乗用車の2台を持つということはなかなか難しく、1台で全てを賄えるということが魅力につながっているのです。

bmw_alpina3
bmw_alpina4

◆タイヤ開発は1社に絞って

A・ボーフェンジーペン:もうひとつ、アルピナの大きな特徴としては足回りがあります。そのセッティングはハイスピードの時には安心感を与えながら、乗用車並みの乗り心地の良さ、快適性も兼ね備えているということです。

Q:その足回りのセッティングの秘密は何なのでしょう。

A・ボーフェンジーペン:秘密はランフラットタイヤを使わないことです。同時にアルピナの場合はひとつのモデルに対してひとつのタイヤメーカーとだけ開発をします。例えば今回発表したB3の場合には、ピレリ社とだけこのクルマのためのタイヤ開発をしています。他の乗用車メーカーの場合には、どうしても色々なタイヤメーカーとお付き合いをしなければなりませんので、3種類から5種類くらいのタイヤブランドを使わなければいけないですよね。そうすると全てが妥協になってしまうのです。しかし、アルピナの場合はひとつのタイヤに集中出来ますので、そこに合わせてサスペンションの開発も出来るわけです。そこがバランスをとることが出来る秘訣なのです。

Q:なるほど。しかし、サスペンションそのものもBMWとはかなりチューニングが違うように思います。

A・ボーフェンジーペン:もちろん基本設計は標準のBMWと同じです。ただし細かいところに気を使って開発はしていますので、そういったところの積み重ねで結果的には違ったフィーリングになっているのだと思います。

bmw_alpina5
bmw_alpina6

Pages: 1 | 2 | 3