輸入二輪車ガイド > 輸入二輪車の魅力 > BLF in 大分・日田を開催

輸入二輪車の魅力

BLF in 大分・日田を開催

〜「評価されている二輪車、人気継続のためには。」をテーマに実施〜

BIKE LOVE FORUM(BLF)開催実行委員会(経済産業省、日本自動車輸入組合(JAIA)をはじめとする二輪車関連団体等で構成)は、8月25日、大分県日田市にて「第10回 BLF in大分・日田」を開催し、JAIA事務局も参加しました。

BLFは、バイク文化の創造を目指すとともにバイク産業の振興、市場の発展等を図ることを目的とし、バイクに関わる企業・団体・地方自治体等が核となり、利用者等も交え、関係者間で社会におけるバイクへの認知と受容、共存のあり方等を議論し活動しています。

BLF in大分日田の会場

昨年は、コロナ禍の影響を考慮し、オンライン開催となりました。来場者を招き実施したのは3年振りとなります。

当日の式次第として
①開会挨拶
②大分県日田市のPR
③大分県における二輪車活用事例
④二輪車産業政策ロードマップ2030取組状況
⑤パネルディスカッション
⑥総評
⑦閉会挨拶
にて執り行われました。

フォーラムは、次第に沿い、経済産業省自動車課 清水課長や開催地の大分県 吉田副知事の挨拶に始まり、「評価されている二輪車、人気継続のためには。」をテーマに各種議論が行われました。

経済産業省 自動車課 清水課長

併せて、経済産業省 自動車課 大森課長補佐より「二輪車産業政策ロードマップ2030」取組状況の報告が行われました。

二輪車産業政策ロードマップ2030:
BLFの共通目標を達成するために国内外の市場毎の政策課題を整理し、課題解決のための実行施策を取りまとめたもの。以下リンク先で具体的な取組事項が確認出来ます。

https://www.bikeloveforum.jp/roadmap/

更に、二輪専門誌の編集長や二輪車の流通団体のトップ等も参加し、国内の二輪市場の好調に関するパネルディスカッション「いまバイクが好調な理由、なぜ若者や女性に人気なのか」をテーマに二輪車業界に関わる有識者やジャーナリスト、団体の代表者などによる幅広いパネリストが現状分析と課題認識、今後の展望が討議されました。

総評として、日本自動車工業会 二輪車委員会 安部委員より「BLF開催実行委員会は一丸となって、二輪車の市場活性に向けた施策への取り組みを報道関係者やユーザーの皆様のご理解・ご協力を賜りながら足を止めることなく、着実に推進していく」旨の発言が行われました。

その後、次回開催地となる静岡県担当者の挨拶が行われ、閉幕しました。

バイク・ラブ・フォーラムの翌日、JAIAをはじめとする二輪車関係団体は、ライダーに大自然を満喫頂く「大分・阿蘇ツーリングキャンペーン(フォーラムに併せて開催。8月26日から11月末日の開催予定)」の出発式も開催しました。

式典の会場となった「オートポリス」は、二輪最高峰の国内レースも開催される会場となっており、一般ライダーによる貴重な体験となるサーキット走行会も開催されました(参加台数:53台、内輸入二輪車:8 台)。

走行会後、参加者にて記念撮影

また、走行会は、大分県警察本部の協力を得て、白バイの先導が加わりました。

BLF開催実行委員会メンバー(順不同)
経済産業省
(一社)日本自動車工業会
全国オートバイ協同組合連合会
(一社)日本二輪車普及安全協会
日本自動車輸入組合
(一社)日本自動車部品工業会
(一社)日本二輪車オークション協会
(一社)全国二輪車用品連合会
(一社)中古二輪自動車流通協会
三重県
鈴鹿市
静岡県
浜松市
磐田市
熊本県
大分県
【協力】日田市