JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

フォルクスワーゲンの新しいスモールカー、up!を発売

2012年10月4日


~キブンも、アンゼンも、タノシサも、すべてをup!するクルマ~

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は2012年9月18日(火)、フォルクスワーゲン up!(アップ!)の報道関係者向けの発表会を開催、10月1日(月)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を開始します。お客様への納車は、10月上旬から開始される予定です。

今回発売となるのは、2ドアのmove up!(ムーブアップ!)、4ドアのmove up!とhigh up!(ハイアップ!)の3モデルです。価格は、2ドアのmove up!が149万円、4ドアのmove up!が168万円、high up!が183万円と設定されました。
いずれのグレードも、市街地走行での追突などの可能性を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」を標準装備しています。

pic_vw1210_a

high up!には、レザーステアリングホイール、クルーズコントロール、15インチアルミホイール、マルチファンクションインジケーター、フロントフォグランプ、シートヒーター、パークディスタンスコントロールが装備されます。

フォルクスワーゲンの中で最も小さなクルマ

up!は、フォルクスワーゲンの中で最も小さなクルマです。
全長は3,545㎜で、軽自動車を僅かに超える程度の大きさです。ポロよりも、全長で450㎜、全幅で35㎜コンパクトでありながら、タイヤをボディの四隅に配置し、前後のオーバーハングをギリギリまで短くするなどの工夫により、居住空間を最大化しているのが特徴です。
車両重量は900~920㎏で、ポロよりも約200㎏軽くなっています。

全長 全幅 全高 排気量
小型乗用車 4,700㎜以下 1,700㎜以下 2,000㎜以下 2,000㏄以下
VW up! 3,545㎜ 1,650㎜ 1,495㎜ 999㏄
軽自動車 3,400㎜以下 1,480㎜以下 2,000㎜以下 660㏄以下

pic_vw1210_b

pic_vw1210_c

このパッケージを実現するために、ラジエータはエンジンの左側に寄せ、車体のフロント部分を短くするなどの工夫がなされています。

pic_vw1210_d

デザイン

9月18日(火)の発表会には、フォルクスワーゲンAGグループのデザイン責任者であるワルター デ シルヴァ氏も参加し、up!のデザインコンセプトなどの説明を行いました。

pic_vw1210_e

pic_vw1210_f

  • クルマが微笑んでいるように見え、親しみのある表情を生み出す、フロントバンパーを囲むように引かれた黒い
    ライン
  • ゴルフなどの主要モデルとの関連性を強調する、幅広いCピラーと特徴的なホイールアーチ
  • ビートルに通じる顔(2つのヘッドライトユニットを一本の線で結び、その中心にVWロゴを添える)
  • スマートフォンを思わせる広いバックのガラス面と、その両端に配置された縦長のテールランプ

pic_vw1210_g

pic_vw1210_h

pic_vw1210_i

up!は、2007年9月のフランクフルトモーターショーでその2ドアのコンセプトカーが披露されました。
国内では、同年10月の東京モーターショーで、space up!として4ドアのコンセプトカーが披露されました。

pic_vw1210_j

pic_vw1210_n

最善の安全対策

クルマのジャンルやサイズを問わず、最善の安全対策を施していくことが、フォルクスワーゲンの基本哲学です。
up!も例外ではありません。

  • 衝突安全対策のために、基本構造から衝撃吸収性と乗員保護能力を考慮して設計されたボディ
  • ABS、ESP(横滑り防止装置)
  • 前席乗員のためのフロントエアバッグとサイドエアバッグ(頭部保護機能付き)
  • シティエマージェンシーブレーキ

これらの装備を全モデルに標準装備しています。
また、up!は、欧州の厳しい衝突安全性評価テスト「ユーロNCAP」で、最高評価となる5つ星を獲得しています。

■ABS

アンチロック・ブレーキング・システムの略称で、急ブレーキ時や滑りやすい路面でのブレーキ時にタイヤがロックするのを防止するシステムです。

■ESP(横滑り防止装置)

エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラムの略称で、電子制御により4輪別個にブレーキをかけることでコーナリングの安定を保ち、スピンなどの危険な動きを事前に防止するシステムです。

■シティエマージェンシーブレーキ

市街地での不用意な追突事故や接触を、自動的にブレーキを作動させることにより、回避・軽減するシステムです。up!のシティエマージェンシーブレーキは、30㎞/h未満で走行中に、フロントウインドウの中央上端部分に搭載されたレーダーセンサーが車両前方の障害物を検知します。

pic_vw1210_k

up!のために開発された新しい3気筒エンジン

フォルクスワーゲンは、up!のために、新しい排気量1.0Lの3気筒エンジンを開発しました。
シリンダーブロックにはアルミを用い、重量は69㎏しかありません。
1.0MPIエンジンと呼ばれるこのエンジンは、5速ASGとの組み合わせで、JC08モード燃費21.3㎞/Lをマークし、2012年9月現在、フォルクスワーゲンで一番燃費の良いクルマです。

5速ASGは、マニュアルモードを備え、MT車感覚の小気味よいシフトを楽しむことができます。

■5速ASG

シングルクラッチタイプの自動変速トランスミッションです。マニュアルギアボックスをベースとしている点では、ゴルフやポロなどに採用されているDSGと同じですが、クラッチを2つ用いたDSGに対し、ASGはクラッチを1つだけ使用している点が異なります。
up!に搭載されたSQ100型5速ASGは単体重量が30㎏と軽量に仕上がっています。

pic_vw1210_l

up!の日本でのセールスポイントは、何といっても安全性です。
フォルクスワーゲンは、輸入車を初めて購入され、メンテナンス費用に不安をもたれている方の不安を払拭するための3つの購入プランを用意しました。
ぜひ、お気軽にショールームに足をお運びいただきたいと思います。

pic_vw1210_m

今後、電気自動車仕様のe-up!も登場予定です。

○フォルクスワーゲンについてはこちらから
Volkswagen Interactive
http://www.volkswagen.co.jp

○フォルクスワーゲン up!についてはこちらから
up! スペシャルサイト
http://vw-up.jp/

フォルクスワーゲン up! フォトギャラリー

本記事の取材は、2012年9月に行いました。