JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

富士トリコローレ2012

2012年10月24日


~3回目を迎えた富士山麓での新旧のイタリア車の祭典~

2012年10月14日(日)、人材開発センター富士研究所富士カーム(山梨県富士吉田市)で富士トリコローレ2012が開催されました。

人材開発センター富士研究所富士カームは、富士山の山麓、山梨県富士吉田市の郊外にある研修施設です。本館前には、雄大な富士山を背景に30,000㎡の広大な芝生エリアが広がっており、富士トリコローレはこの芝生エリアに参加された皆様の愛車を展示して行われました。

pic_tricolore1210_a

参加者の入場が可能になる8時になると、多くのイタリア車が一斉に富士カームの入り口に集まります。この日を楽しみにされていたことが伺えます。

pic_tricolore1210_b

pic_tricolore1210_c

9時から開会式。トリコローレシリーズでおなじみのゲストからご挨拶があります。
自動車ライターでありイタリア語翻訳家でもある武田 公実さん、自動車ライター&エディターの西川淳さん、元TIPO編集長で自動車ライターの嶋田 智之さんです。

pic_tricolore1210_d

pic_tricolore1210_e

開会式の後は、芝生広場いっぱいに展示された300台を超す皆様の参加車両を眺めながら過ごします。早々にピクニックテーブルを広げてランチにするグループも見受けられました。
また、ショップ巡りも楽しいものです。

pic_tricolore1210_f

pic_tricolore1210_g

ゲストのお三方は、マイクを持って会場内を巡ります。希少性の高いクルマや、ゲストの目にとまったクルマがあると、オーナーインタビューが始まります。ゲストによる含蓄に富んだ解説を聞くのも参考になります。

pic_tricolore1210_h

今回は午後になっても富士山が顔を出してくれました。
そのような中、恒例のビンゴ大会が始まります。

pic_tricolore1210_i

pic_tricolore1210_j

最後は記念写真を撮影して終了となりました。

pic_tricolore1210_k

富士トリコローレは、関東近郊のイタリア車ファンの秋の恒例行事として、来年も10月に開催予定とのことです。

○フィアット クライスラー ジャパンについてはこちらから
http://fiatchrysler.jp/

○フィアットについてはこちらから
フィアット オフィシャルサイト
http://www.fiat-auto.co.jp/

○アルファ ロメオについてはこちらから
アルファ ロメオ オフィシャルサイト
http://www.alfaromeo-jp.com/

○アバルトについてはこちらから
アバルト オフィシャルサイト
http://www.abarth.jp

○マセラティについてはこちらから
マセラティジャパン
http://www.maserati.co.jp/

○フェラーリについてはこちらから
Ferrari Japan|フェラーリ・ジャパン ホームページ
http://www.ferrari.com/japanese/Pages/Home.aspx

○人材開発センター富士研究所富士カームについてはこちらから
http://fujicalm.jp/

○チンクエチェント博物館についてはこちらから
http://www.museo500.com/

富士トリコローレ2012 参加車両フォトギャラリー

本記事の取材は、2012年10月に行いました。