JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

Tricolore(トリコローレ)

2010年10月1日


~富士山のふもとでイタリアンな一日を思い思いに楽しむ~

台風12号が過ぎ去り、秋晴れの一日となった2010年9月26日(日)、人材開発センター富士研究所富士カーム(山梨県富士吉田市)で第1回目のTricolore(トリコローレ)が開催されました。

Tricolore(トリコローレ)の会場となった人材開発センター富士研究所富士カームは、宿泊可能な研修施設です。本館前面には30,000㎡の広大な芝生エリアが広がり、富士山を背景とした撮影会やアウトドアの研修に使われているそうです。

pic_tricolore1010_a

その富士山を望む芝生エリアに、全国から集まった250台を超す色とりどりのイタリア車が並べられ、今回のイベントが行われました。

pic_tricolore1010_b

pic_tricolore1010_c

9時スタートのイベントですが、早い方は7時過ぎから来られていたようです。
案内に従って、会場に愛車を入れ、入場順に並べて駐車していきます。

pic_tricolore1010_d

pic_tricolore1010_e

pic_tricolore1010_f

会場に愛車を入れてしまえば、あとは皆さんの楽しみ方は自由です。
250台のイタリア車をくまなく観察するも良し、早々にアウトドア用のテーブル等を設置して、愛車を眺めながらのランチにするも良しと、思い思いの時間を過ごされていました。

pic_tricolore1010_g

pic_tricolore1010_h

pic_tricolore1010_i

会場では、このように同一車種同士がまとまって駐車する風景も見られました。事前に待ち合わせして、一緒に入場されたのでしょうか。とても絵になりますね。

pic_tricolore1010_j

pic_tricolore1010_k

pic_tricolore1010_l

pic_tricolore1010_m

また、今年はアルファ ロメオ100周年ということもあって、お友達同士でアルファ ロメオ100周年のウェアを着込んで参加し、場の雰囲気を盛り上げている方々も見受けられました。

pic_tricolore1010_n

普段なかなか見る機会の少ない希少車。エンジンフードを開けば、あっという間にお客さんが集まってきます。

pic_tricolore1010_o

今回のイベントを主催したチンクエチェント博物館の代表の伊藤精朗さんに伺ったところ、この会場は偶然見つけたとのことでした。別の会場をネット検索していたところ、間違ってヒットしたのが「人材開発センター富士研究所富士カーム」で、富士山のふもとというロケーションが良い場所であることを知り、会場を手配したそうです。

pic_tricolore1010_p

pic_tricolore1010_q

最後は、お楽しみ賞品が当たるビンゴゲームが行われ、お開きとなりました。

pic_tricolore1010_r

チンクエチェント博物館は、10月23日(土)に「軽井沢フィットピクニック」という紅葉の軽井沢でタイムラリーを行うイベントを予定しています。
イタリア車に乗る皆さんは、今後もチンクエチェント博物館が企画するイベントから目が離せませんね!

○フィアットについてはこちらから
フィアット グループ オートモービルズ ジャパン オフィシャルサイト
http://www.fiat-auto.co.jp/

○アルファ ロメオについてはこちらから
アルファ ロメオ オフィシャルサイト
http://www.alfaromeo-jp.com/

○アバルトについてはこちらから
アバルト オフィシャルサイト
http://www.abarth.jp

○マセラティについてはこちらから
MASERATI Car Line UP|CORNES MOTOR
http://www.cornesmotor.com/maserati/
マセラティジャパン
http://www.maserati.co.jp/

○フェラーリについてはこちらから
Ferrari Japan|フェラーリ・ジャパン ホームページ
http://www.ferrari-japan.co.jp/

○チンクエチェント博物館
http://www.museo500.com/

Tricolore(トリコローレ)参加車両フォトギャラリー

本記事の取材は、2010年9月に行いました。