JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

Share with FIAT 2011

2011年9月28日


~世界中で活動しているNPOおよび非営利団体とのコラボレーションを通じた社会貢献活動~

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社は2011 年9 月16 日(金)、イタリア文化会館東京(東京都千代田区九段南)で、社会貢献活動に関するシンポジウム「Share with FIAT 2011 この想い。つながる、ひろがる。」を開催しました。

pic_fiat1109_a

このシンポジウムは、同社が2011年 2 月1 日より社会貢献活動のプログラムとして展開している、「Share with FIAT」の活動報告会であり、同プログラムでコラボレーションしている5つのNPO および財団法人が、一般来場者とともに、社会貢献活動の可能性を考えるイベントでもあります。

pic_fiat1109_b

当日は、マイクロソフトのエグゼクティブから開発途上国の教育機会を支援する社会起業家に転進したルーム・トゥ・リードの創設者であるジョン・ウッド氏の基調講演が行われたほか、ピースウィンズ・ジャパンの活動報告、パネルディスカッションや参加者の交流会などが行われました。
また、特別ゲストとして、大船渡商工会議所女性会による和太鼓も披露されました。

pic_fiat1109_c

フィアットが、2011年より社会貢献活動をスタートするに際し、販売収益の一部を寄付するのと同時に世界中で活躍している非営利団体とコラボレーションし、広く一般からの支援者を拡大するため、ソーシャルメディアを活用した、共同ウェブコミュニケーションプラットフォームを運用することを選びました。
その後、3月に起った東日本大震災では、震災の直後より被災地で活動されていたピースウィンズ・ジャパンの支援を行いました。

pic_fiat1109_d

「Share with FIAT」がサポートしているNPO および財団法人

■アジア女子大学

2008年10月に設立された「アジア女子大学」は、南アジアおよび東南アジアで不平等な待遇を受けている女性たちに高等教育を提供する活動を行っています。
http://www.asian-university.org/japanese/

■日本ブラインドサッカー協会

2002 年10月に設立された「日本視覚障害者サッカー協会」から2010年8月に改称された「日本ブラインドサッカー協会」は、2004年のアテネ大会からパラリンピックの正式種目となったブラインドサッカーの拡大と推進を通じて、視覚障がい者の皆さんの生活の質の向上と、障がいを持たない方との心のバリアをなくすための活動を行っています。
http://www.b-soccer.jp/

■ルーム・トゥ・リード・ジャパン

「ルーム・トゥ・リード・ジャパン」は、2000年に米国で設立された国際NGO「Room to Read」の日本事務所で、「子供の教育が世界を変える」を信念に、読み書き能力の向上と教育における男女の格差是正に重点をおいた活動を行っています。
http://www.roomtoread.jp/

■TABLE FOR TWO International

2007年に設立された「TABLE FOR TWO International」は、「先進国の人たちと開発途上国の子供たちが時間と空間を越え、食事を分かち合う」をコンセプトに、世界で10億人が飢えで苦しむ一方、10億人が食に起因する生活習慣病に苦しんでいるという不均衡を解消するための活動を行っています。
http://www.tablefor2.org/

■ピースウィンズ・ジャパン

1996年に設立された「ピースウィンズ・ジャパン」は、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている世界各地の人々への支援活動を行っています。
http://www.peace-winds.org/

シンポジウムの様子をUSTREAMで配信

当日は、会場にお越しになることができなかった方々のために、シンポジウムの様子がUSTREAMで生中継で配信されました。
現在、録画されたものをご覧いただくことができます。
http://www.ustream.tv/recorded/17302782

○Share with FIATについてはこちらから
http://share.fiat-auto.co.jp/index.html

○フィアットについてはこちらから。
フィアット オフィシャルサイト
http://www.fiat-auto.co.jp/

本記事の取材は、2011年9月に行いました。