JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

認定中古車特集 Vol. 22 フィアット/アルファ ロメオ アプルーブド カーセンター大田

2010年11月17日


~屋内展示場で高品質の認定中古車を販売~

認定中古車特集の連載22回目の今回は、東京都大田区のフィアット/アルファ ロメオ アプルーブドカーセンター大田をご紹介します。

フィアット/アルファ ロメオ アプルーブドカーセンター大田は、フィアット/アルファ ロメオの認定中古車センターとしては全国初となる屋内の展示場で、サービス工場を併設しています。
環七通り(東京都道318号環状七号線)と中原街道(東京都道・神奈川県道2号東京丸子横浜線)が交差する南千束交差点から、中原街道を環状八号線方面に200メートルほど進んだ左側にあります。
電車の場合は、東急池上線の長原駅から徒歩2分です。

pic_fiat1010_a

フィアット/アルファ ロメオ アプルーブドカーセンター大田では、支店長の前田 健司さんとアシスタントマネージャーの竹田 憲正さんにお話を伺いました。

-2010年7月にオープンしたばかりの新しいお店と伺いました。

当店の近くのアバルト東京の同じ建物の中に、当社のサービス工場(フィアット/アルファ ロメオ田園調布サービス)があるのですが、多くのお客様に入庫いただくことになり、次第に手狭になってきました。

pic_fiat1010_b

都内にアプルーブドカーだけのお店が無かったこと、サービス工場の拡張という意味もあり、大田店をオープンすることになりました。
サービス工場では、サービスで入庫されたお客様から買い替えのご相談をいただくことも多くあります。雨の日でも、サービスの待ち時間などにもゆっくり中古車をご覧いただけるお店になっていると思います。

現在、スタッフ数は、中古車営業が3名、サービスフロントが3名、メカニックが10名在籍しています。
サービス工場の入庫台数は、200~300台/月です。

pic_fiat1010_c

-田園調布店が近くにある中で、大田店と田園調布店の役割分担やすみ分けはあるのですか?

オープン当初は、大田店に高年式中心の中古車を並べていましたが、それも一巡し、今はバラつきが無いような品ぞろえにしていることから、田園調布店とのすみ分けはありません。
現在、大田店には16台の在庫があります。

pic_fiat1010_d

-御社で販売される認定中古車についてお聞かせ下さい。

フィアット/アルファ ロメオの認定中古車は、新車登録から5年以内で走行距離が50,000km以内の無事故車両が対象となります。
それを超えるものについては、当社(チェッカーモータース)の保証を付けて販売しています。

当社は、フィアット/アルファ ロメオの新車販売を4拠点で行っています。そのうち、横浜と杉並が新車販売のみで、田園調布と池袋で中古車の販売を行っています。
当店の販売する中古車は、これらの拠点の下取り車がほとんどです。

pic_fiat1010_e

中古車として販売する車両は、記録簿がしっかり残っていて、素性の明らかなクルマに絞り込まれます。走行距離が多かったり、整備の履歴が分からなかったりするものについては、当社で小売りせずに、オークション等で卸売販売しています。
当社で小売りすると決まった中古車は、84項目の整備点検を行います。ワイパーブレードや油脂類、バッテリーは無条件で新品に交換するほか、整備点検の結果、交換した方が良いと判断されたものはすべて新品に交換しています。例えば、タイヤも残り溝が少なければ交換しますし、50,000kmでの交換が推奨されているタイミングベルトについても、走行距離が50,000kmに近づいているものは交換した上で販売するようにしています。
このような作業を約1週間かけて行い、展示・販売しています。

このようなことから認定中古車は、単純に車両価格だけを比較した場合は、一般の中古車専業店よりも高めとなりますが、整備点検と交換部品の内容から、決して割高だとは思いません。

pic_fiat1010_f

-徹底して整備された車両に充実の保証がありますが、万が一のトラブルの場合の対応はどうされているのでしょうか?

認定中古車の場合は、メーカーのロードサービスが付加されますが、いずれにしても、サービスにせよ、営業にせよ、レスポンス良く、迅速に対応することを心がけています。
加えて当社独自のより充実した保証内容も検討しているところです。

pic_fiat1010_g

-どのようなお客様が多いでしょうか?

7割くらいのお客様が別のイタリア車ブランドからのお乗り換え、もしくは以前にイタリア車を乗っていたという方です。
最近はチンクエチェント(フィアット500)がブームになっているということもありまして、国産車からのお乗り換えも増えてきています。

pic_fiat1010_h

お客様の年齢層としては、20代後半から、30代、40代が中心となりますでしょうか。
マニュアルトランスミッション車を希望する方が多いのも特徴だと思います。
当店の地域性なのでしょうか、大田区や世田谷区には、転勤などで海外暮らしが長かった方も多く、そのようなお客様はご夫婦でマニュアルトランスミッションが良いと希望される方もいらっしゃいます。

色は赤(アルファレッド)が一番人気です。
珍しい色にも対応しているのが当社の強みです。

pic_fiat1010_i

-屋内の展示場ですが、遠方からのネット販売にも対応されているわけですよね。

今はインターネットという便利なものがありますので、全国からお問い合わせをいただきます。
ご成約いただくお客様も1割くらいは遠方からになります。

カーセンサー等の中古車媒体にも写真を掲載していますが、遠方からのお客様で直接ご来店いただくのが難しい場合は、メールで写真を追加でお送りするようにしています。その際は、車体の傷などの気になる箇所についても、包み隠さずに写真をお送りするようにしています。

pic_fiat1010_j

当社は新車販売を4拠点で行っていることもありますので、下取り入庫車の在庫も豊富にあります。しかし、フィアット/アルファ ロメオは、ドイツ車などと比較すると圧倒的に流通量が少なく、特にアルファ ロメオの場合、お客様が欲しがる車種に対する集中度合いが高くなります。そのため、お問い合わせもピンポイントになることが多いです。これがアルファ ロメオの中古車販売の難しいところです。

最近は、アルファ159のお問い合わせも多くいただくようになりました。当社にも159の在庫が多数ありますが、それでも足りないときがあります。当社の在庫で対応できない場合は、全国の他のフィアット/アルファ ロメオ店から融通してもらって対応させていただくこともあります。

pic_fiat1010_k

-最新情報が掲載されている御社のスタッフブログもご覧になられている方が多いのではないでしょうか?

当社のホームページはすべて自社で管理しています。営業や女性スタッフなどが手分けして、最新の情報をお伝えするようにしています。
中古車についても、入庫予定の車両もお知らせしていますから、人気車種の場合は、カーセンサー等の中古車媒体に広告が出たタイミングでは、すでに成約済みだったということもあります。

pic_fiat1010_l

-追加でアピールすることがあればお聞かせ下さい。

当店は、屋内の展示場ですから、真夏の暑い日でも雨の日でも雪の日でも、空調の効いた室内でクルマをじっくり選ぶことができます。
スタッフもフィアット/アルファ ロメオの知識に長けた者ばかりです。
サービス工場の入庫台数も多いこともあって、メカニックやサービスフロントは経験豊富です。どのようなお問い合わせでも対応できる知識を有しており、いかなるトラブルでも対応できます。

pic_fiat1010_m

イタリア車に乗られたことのないお客様は、不安を抱えているかもしれませんが、初めての方でもお気軽にイタリア車の世界に飛び込んでいただきたいです。

pic_fiat1010_n

お話を伺った竹田さん(左)と前田さん(右)

-本日はお忙しいところありがとうございました。

○フィアット/アルファ ロメオ アプルーブドカーセンター大田についてはこちらから。
http://www.checker-motors.co.jp/shop/accota/

○フィアットについてはこちらから
フィアット グループ オートモービルズ ジャパン オフィシャルサイト
http://www.fiat-auto.co.jp/

○アルファ ロメオについてはこちらから
アルファ ロメオ オフィシャルサイト
http://www.alfaromeo-jp.com/

お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にフィアット/アルファ ロメオ アプルーブドカーセンター大田にお立ち寄りください。

アプルーブドカーセンター大田 フォトギャラリー

本記事の取材は、2010年10月に行いました。