JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

「ボルボ XC40」 2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2018/12/13


日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、2018年12月7日、第39回日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会と表彰式を行い、当組合の会員企業であるボルボ・カー・ジャパン株式会社の「ボルボ XC40」が「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは1980年から始まり、今回で39回目となりますが、輸入車が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは今回で3回目。また、ボルボ・カー・ジャパン株式会社の受賞は、昨年の第38回(2017-2018)に続き、2年連続となります。

実行委員会の選定理由は次の通りです。
「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価した。」

今回の受賞の背景には、輸入車が持つ先進の安全性能、多様なパワートレーン、魅力的なデザイン等が、日本のお客様に幅広く支持されていることがあると考えております。

URLは以下の通りです。
・日本カー・オブ・ザ・イヤー : http://www.jcoty.org/result/” target=”_blank

・ボルボ・カー・ジャパン : https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20181207″ target=”_blank