輸入二輪車ガイド > 輸入二輪車の魅力 > 2011年掲載記事 > トライアンフジャパン 東日本大震災被災者の支援に向けたイベントを開催

2011年掲載記事

トライアンフジャパン 東日本大震災被災者の支援に向けたイベントを開催

~ささやかでも出来ることを形にして、被災地の方々に届けよう~

この度の東日本大震災により被災された皆さま、ならびにその家族の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧と皆様のご健康をお祈り申し上げます。

トライアンフジャパン㈱は、2011年5月29日(日)、アートランドホテル蓼科(長野県茅野市)で、「第13回ナショナル R.A.T. “ハート” ラリー・イン・ジャパン」を開催しました(入場料無料。後援:茅野市、同市観光連盟、茅野商工会議所など)。

※R.A.T.:「ライダーズ・アソシエーション・オブ・トライアンフ(RIDERS ASSOCIATION OF TRIUMPH)の略称。トライアンフ本社が運営する英国・ヒンクレーで生産されたトライアンフのオフィシャルオーナーズクラブ。

トライアンフジャパン イベントフォトギャラリー

pic_triumph1106_a

pic_triumph1106_b

当日は、台風接近の影響であいにくの悪天候となり、当初予定していた屋外の展示を、急遽、ホテル内のバンケットホールに変更。ときおり激しい雨が降る空模様でしたが、約280名が来場しました。

pic_triumph1106_c

このイベントは、毎年初夏に開催しているトライアンフ・オーナー向けの会合。これまでは、「トライアンフで出掛ける」「トライアンフで集まる」「トライアンフで出会う」を目的に12回実施されました。

pic_triumph1106_d

しかし、3月11日の東日本大震災で東北地方を中心に甚大な被害が発生、同社は、イベントの取り止めも含めて検討。その結果、トライアンフ・オーナーをはじめ、国産・輸入車の垣根を越えた全てのライダーが一緒となり「ささやかでも出来ることを形にして、被災地の方々に届けたい!」。

こうした想いをかたちに表すため、これまでの主旨や開催内容を変更し、復興支援のチャリティー イベントとして開催しました。

pic_triumph1106_e

当日のチャリティー オークションによる収益金や、来場者から寄せられた義援金(545,416円)は、被災地に寄付されました。

pic_triumph1106_f

また、被災したライダーにエールを送る応援ボードの作成など、被災された方々を少しでも元気づける企画も用意されました。

pic_triumph1106_g

それでは、当日のイベントの模様を紹介します。

イベントの進行は、昨年に引き続き、タレントの近藤スパ太郎さんが担当。

pic_triumph1106_h

チャリティー オークション

世界で数着しか無いウェアや、トライアンフ本社の所在地・イギリスで開催されたイベントの記念品など、普通では入手することが出来ないグッズがオークションにかけられました。

pic_triumph1106_i

被災地ライダーへの応援メッセージカードの作成

被災地ライダーを応援するメッセージカード「ライダー応援カード」を募りました。
会場で配布されたカードに、参加者がそれぞれの想いを記入。メッセージボード(パネル)にカードを貼り付け、被災地の仙台にある「トライアンフ仙台」へと届けられます。

pic_triumph1106_j

一部メッセージは、トライアンフのホームページやFacebookなどでも紹介されます。

pic_triumph1106_k

pic_triumph1106_l

おもちゃ義援隊(おもちゃ寄付)

pic_triumph1106_m

被災から2ヵ月以上が経過し、現地の支援物資のニーズに多様性が出てきました。未だ、電気や水道の生活インフラが整わない過酷な状況の中では、子供たちのケアが、特に必要となってきました。
そこで、子供が大きくなった世代のバイク・オーナーも多くいることから、来場者より、おもちゃの寄付を募りました。

pic_triumph1106_n

絵本やぬいぐるみ、遊び道具など、大切な品々を預かりました。

pic_triumph1106_o

八ヶ岳泉龍太鼓の特別公演

1,000回以上の公演実績を持つ地元の「八ヶ岳泉龍太鼓」が披露されました。
年齢や体格が異なるメンバーが、それぞれの太鼓と気持ちを一つにして、天地をもゆるがす音に変えていました。

pic_triumph1106_p

来場者は、その迫力ある音と太鼓からの振動に圧倒されていました。

pic_triumph1106_q

先日、発表されたばかりのデイトナ675Rをはじめとする最新モデルが展示。

pic_triumph1106_r

pic_triumph1106_s

被災者の方々への想いを届けるため、トライアンフ・カラーの青色と水色の折り紙を使い千羽鶴の作成も行われていました。

pic_triumph1106_t

pic_triumph1106_u

本日のイベントのために作成された記念品の手染めてぬぐい(限定500枚、地元産の天然水付き)も販売されました。

pic_triumph1106_v

pic_triumph1106_w

記念撮影で締めくくられた今回のイベント。今回も、一枚の写真に収まるのが難しいほど、多くのライダー達が参加しました。会場は、来場者の被災者に対する気持ちで溢れました。

pic_triumph1106_x

次回(第14回)の開催日は2012年5月27日(日)、場所は今回と同じ長野県の蓼科地域(会場詳細は未定)で実施することが発表されました。
短い時間を共にした全国の仲間との別れと1年後の再会を誓い、楽しい思い出と共に、それぞれの家路につきました。

pic_triumph1106_y

pic_triumph1106_z

トライアンフについてはこちらから。
○トライアンフジャパン オフィシャルサイト
http://www.triumph.co.uk/japan/

本記事の取材は、2011年5月に行いました。