輸入二輪車ガイド > 輸入二輪車の魅力 > 2017年掲載記事 > 東京モーターショー2017

2017年掲載記事

東京モーターショー2017

~外国メーカーブランドからも多数の車両が展示~

フォトギャラリー

pic_motorshow2017_a

2017年10月27日(金)~11月5日(日)までの10日間、『第45回東京モーターショー2017』が東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されました。

ショーのテーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」
このテーマは、”開催年ごとにクルマの価値や楽しさを拡張しながら、業界の垣根を越えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生み出せるようなイベントを目指す”といった思いが込められています。
EV(電気自動車)やAI(人工知能)を活かした自動運転技術など、最新のテクノロジーが実用化されつつある昨今において、自動車産業の枠を超えて、様々なアイディア・テクノロジーを取り入れ、その先に目指す”これからのクルマと社会”を提案するイベントとなりました。
来場者数は771,200人を数え、女性と若年層による来場が顕著に増加したショーとなりました。

輸入車の出展車両

当組合は2011年(第42回)より、共催者として東京モーターショーに参画しております。今回のショーには、乗用車ではボルボ・カーが2013年(第43回)以来4年ぶり、二輪車ではハーレーダビッドソンが2009年(第41回)以来8年ぶりに復帰、また、スウェーデンの商用車メーカー、スカニアが初めて出展致しました。
外国メーカーブランド(四輪車+二輪車)全体では、9台のアジアプレミア(アジア初出展)、26台のジャパンプレミア(日本初出展)を含む101台が出展されました。
第45回東京モーターショー2017に出展された、魅力的な最新の輸入車を是非ご覧ください。

ハーレーダビットソン ジャパン株式会社 ブランド名:HARLEY-DAVIDSON

pic_motorshow2017_b

8年ぶりの出展となったハーレーは今回 “Freedom、新しい自由。” をテーマに、普通自動車免許で運転可能なトライク(三輪自動車)に特化した出展を行いました。
ブースは「見て触って跨がれる」体験展示となっており、日本初公開となる「トライグライド ウルトラ アニバーサリーV」を中心に四台が出展されました。

pic_motorshow2017_c

pic_motorshow2017_d

ビー・エム・ダブリュー株式会社 ブランド名:BMW Mororrad

pic_motorshow2017_e

BMWブースでは普通二輪免許で運転可能(400cc以下)な BMWとして話題になったアドベンチャーモデル「G 310 GS.」、5月に発売された電動スクーター「C evolution.」、高級感のあるバガースタイルモデル「K 1600 B.」、スポーツヘリテイジモデルの「R nineT Urban G/S.」の4車種が出展されました。

pic_motorshow2017_f

pic_motorshow2017_g

BRPジャパン株式会社 ブランド名:Can-Am Spyder

pic_motorshow2017_h

BRPブースは地球上のあらゆるシーンを“Play Ground=遊び場にする”をテーマに三輪モーターサイクルを出展しました。
大容量収納スペースやエアサスペンションを搭載したラグジュアリーモデル「Cam-AmSpyder RT Limited」、ブレンポ製ブレーキを搭載したハイパワースポーツモデル「Cam-AmSpyder F3-S」の2台が出展されました。

pic_motorshow2017_i