輸入二輪車ガイド > 輸入二輪車の魅力 > 2015年掲載記事 > 第44回東京モーターショー2015に二輪インポーター参加

2015年掲載記事

第44回東京モーターショー2015に二輪インポーター参加

~ 初出展のブランドも登場し、輸入二輪車の魅力を発信 ~

フォトギャラリー

第44回東京モーターショー2015は、10月29日(木)から11月8日(日)までの11日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催され、812,500人の来場者が訪れました。

pic_motorshow2015_a

pic_motorshow2015_b

「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)のテーマのもと、世界一のテクノロジーモーターショーを目指し、乗用車・商用車・二輪車等を含む総合ショーとして実施されました。

pic_motorshow2015_c

海外メーカーは、16社26ブランドの乗用車・商用車・二輪車が出展されました。

当組合会員の二輪インポーターであるビー・エム・ダブリュー(株)、BRPジャパン(株)、(株)ホワイトハウスオートモービル3社の取扱4ブランドが参加し、コンセプトカーや話題のニューモデルなどを展示しました。

ビー・エム・ダブリュー(株)(BMW Motorrad)

http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/index.html

pic_motorshow2015_d

pic_motorshow2015_e

pic_motorshow2015_f

BRPジャパン(株)(BRP Can-Am Spyder)

http://www.brp-jp.com/spyder/index.html

pic_motorshow2015_g

pic_motorshow2015_h

pic_motorshow2015_j

(株)ホワイトハウスオートモービル(インディアン モーターサイクル、ヴィクトリー)

pic_motorshow2015_k

インディアン モーターサイクル

http://www.indianmotorcycle.co.jp/

pic_motorshow2015_l

pic_motorshow2015_m

ヴィクトリー

http://www.victorymotorcycles.jp/

pic_motorshow2015_n

pic_motorshow2015_o

今回、東京モーターショーに初めて出展したブランドは、BRP Can-Am Spyder、並びにインディアン モーターサイクル、ヴィクトリーです。

来場者の参加体験型の企画として試乗会も開催されました。

pic_motorshow2015_p

pic_motorshow2015_q

会場内に用意された専用コースでは、多くの参加者がお目当ての一台を試乗していました。

pic_motorshow2015_r

pic_motorshow2015_s

今回のショーに来場出来なかった方々は、早速、各ブランドの正規販売店に足を運び、最新モデルを見て、触れ、跨り、「魅力ある輸入二輪車」の世界観を体感しては如何でしょうか?

次回の第45回東京モーターショーは、2017年秋に今回と同じ、東京ビックサイトで開催の予定です。

本記事の取材は、2015年10月に行いました。