輸入二輪車ガイド > 輸入二輪車の魅力 > 2013年掲載記事 > ハーレーダビッドソン展示・試乗会、DEMO RIDE CARAVAN in 東京を開催

2013年掲載記事

ハーレーダビッドソン展示・試乗会、DEMO RIDE CARAVAN in 東京を開催

~最新モデルから販売店自慢のカスタム車まで約150台を展示~

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社(HDJ)は、関東地域のHDJ正規販売網と共に2013年3月23日(土)、24日(日)の2日間、お台場K区画(東京都江東区青海)で「DEMO RIDE CARAVAN in 東京」を開催しました。

DEMO RIDE CARAVAN in 東京 フォトギャラリー

pic_harley1304_a

DEMO RIDE CARAVANは、全国の主要都市でHDJと各地域の正規販売網が主催するデモライド(試乗)に特化したイベントで、入場は無料です。

pic_harley1304_b

当イベントは、名古屋を皮切りに開始され、今後は、宇都宮、金沢、広島等でも開催されますので、HDJのスペシャルサイト(http://www.harley-davidson.co.jp/event/drc_2013/)でご確認下さい。

pic_harley1304_c

お近くにお住まいの方は、是非、足を運びハーレーダビッドソンの世界観を体感して下さい。

当日の主なイベントを紹介します。

デモライド

大型自動車二輪MT免許をお持ちの方は、最新の2013年ラインアップから用意された10モデルの中からデモライドすることが出来ました。

pic_harley1304_d

試乗コースは、一般道を使用しましたが、先頭と最後尾にスタッフが走行しているので、安心して試乗が楽しめます。

pic_harley1304_e

pic_harley1304_f

デモライドの合間には、車両車重が最低でも250Kg超すハーレーダビッドソンを簡単に操る方法や、操作のコツをスタッフが伝授していました。

pic_harley1304_g

pic_harley1304_h

試乗に際しては、ハーフヘルメット、袖なしシャツ、サンダル、ショトパンツ等の方は、ライダーの安全を守るためデモライドが出来ません。

ジャンプスタート

免許をお持ちで無い方でも高校生以上であれば、エンジン始動からギアチェンジまでハーレーダビッドソン独特の鼓動を体感出来る「ジャンプスタート」が体験出来ます。

pic_harley1304_i

実際に後輪が回転し、約50km/hと同じ走行状態が再現出来ます。エンジンの鼓動、シフトチェンジのサウンド、エンジンやマフラーから発する熱気が実際に体感出来ます。

pic_harley1304_j

ハーレーチャレンジ

ハーレーを運転したことが無いライダーや、暫らくバイクに乗ることを控えていたリターンライダーは、デモライド直前にレクチャーを受けることも出来ました。

pic_harley1304_k

pic_harley1304_l

ハーレーヒストリーコーナー

今年は、1903年にアメリカ中西部の街、ウィスコンシン州ミルウォーキーでウィリアム・ハーレーとアーサー・ダビッドソンが、ハーレーダビッドソンの1号機を製作してから110周年を迎えました。

pic_harley1304_m

また、ハーレーダビッドソンが日本に上陸してから100周年というアニバーサリーイヤーでも有ります。

そのため、特別展示として、ハーレーダビッドソン110年の軌跡や、貴重な1926年モデル「JD」が特別展示されていました。1921年に登場したJDは、当時最速の市販車と呼ばれていました。

pic_harley1304_n

ハーレーの代名詞であるティアドロップ型ガソリンタンクを1926年モデルから採用。流れるような美しいスタイルから「ストリームライン」と名付けられました。

pic_harley1304_o

ハーレーダビッドソン生誕110周年記念モデルとして、記念メダリオンやシリアルナンバーが刻印されたANNIVERSARY EDITIONSを展示。

pic_harley1304_p

pic_harley1304_q

日本上陸100th記念限定のカスタムペイントされた車両の展示も有りました。

pic_harley1304_r

なりきりフォトコーナー

ライダーファッションに身を固め、ハーレーダビッドソンと記念撮影が出来ました。

pic_harley1304_s

撮影したデータは、その場でプリント・サービスが有り、記念として持ち帰ることが出来ます。

pic_harley1304_t

キッズコーナー

未来のライダーが二輪を楽しむキッズライドや、特製ハーレーダビッドソンぬりえが用意されていました。

pic_harley1304_u

pic_harley1304_v

大道芸人「ひぃろ」のパフォーマンも有り、ライダーだけで無く、家族連れも楽しめました。

pic_harley1304_w

pic_harley1304_x

会場には、販売店自慢のカスタム車や、新車、中古車を含めて約150台のハーレーダビッドソンが会場に展示されていました。

pic_harley1304_y

4月20日から販売開始のブレイクアウトや、ストリートボブ リミテッドも先行展示。

pic_harley1304_z

pic_harley1304_a_a

一部の販売店からは、数あるハーレーダビッドソンのモデルの中でも最高峰に位置するCVO(Custom Vehicle Operation)の中からBreakoutが展示されました。

pic_harley1304_a_b

数量限定の人気車種なため正規販売網でも滅多に見ることが出来ない特別なモデル。そのため、沢山の来場者がバイクを囲みました。

pic_harley1304_a_c

入場の際、アンケートにご記入頂いた来場者には、長さが1メートルもある「ハーレーダビッドソン オリジナルマフラータオル」のプレゼントが有りました。

ハーレーダビッドソンの110周年の歴史は、これからも、ライダーと共に歩んで行きます。

今回のイベントに参加出来なかった方々は、早速、お近くの正規販売網に足を運び、最新モデルを見て、触れ、跨り、ハーレーの世界観を感じて下さい。

○ハーレーダビットソンについてはこちらから。
ハーレーダビットソンジャパン オフィシャルサイト
http://www.harley-davidson.co.jp/

○正規販売店は、こちらから。
http://www.harley-davidson.co.jp/dl/

本記事の取材は、2013年3月に行いました。