JAIAの紹介 > JAIAからのお知らせ > 2012年のお知らせ > 第12次「自動車盗難防止キャンペーン」

2012年のお知らせ

第12次「自動車盗難防止キャンペーン」

警察庁などの関係4省庁とJAIAを含む民間関係17団体は、2012年10月1日(月)から2013年9月30日(月)まで「第12次自動車盗難防止キャンペーン」を実施しています。

愛車を守る盗難防止対策 5つの心得!
あなたの意識と盗難防止対策が、愛車を守るカギになります

  • 降りたら必ずドアをロックしましょう
  • イモビライザを装着しましょう
  • 盗難防止機器を使いましょう
  • 設備が充実した駐車場を探しましょう
  • 大切なものは、車内に放置しないようにしましょう
    カーナビの盗難にも気をつけましょう
チラシ(表) チラシ(裏)

自動車盗難の実態

警察庁の統計によりますと、自動車盗難の認知件数は、平成15年の64,223件をピークに減少しており、平成23年は24,928件とピーク時に比べ半分以下と、これまでの自動車盗難防止への取り組みの成果は上がっています。一方で、自動車盗難の手口が悪質化かつ巧妙化しており、引き続き対策が求められています。
自動車盗難は、国民の経済的損失の増大に加えて、盗難車を用いた2次犯罪の増加、盗難車両の不正輸出など、大きな社会問題となっています。

自動車盗難防止への取り組み

警察庁を主体とする関係省庁、日本損害保険協会を主体とする関係民間団体による「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」が発足し、自動車の盗難・不正輸出対策に対する活動が展開されています。
また、自動車盗難に対する対策は、各地域の特徴を踏まえた活動を展開していく必要があることから、各都道府県に「地域自動車盗難等防止協議会」を設置し、自動車盗難等の根絶に向けた積極的な活動が行われています。

詳細は官民合同プロジェクトチームのホームページをご覧ください。
http://www.car-tounan-boushi.jp/