JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

新型「T-Cross」発表

2019年12月10日


~新型プレミアムコンパクトSUV「T-Cross」~

2019年11月27日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは新型コンパクトSUV「T-Cross」を発表しました。当日、ティル シェア代表取締役社長が出席し、新型「T-Cross」の特徴を紹介しました。同社は新型「T-Cross」を、小さいだけではない「余裕の大きなSUV」=「TさいSUV」と呼んでいます。新型「T-Cross」は、コンパクトなボディサイズでありながら、より機能性の高い室内空間と機敏な走りを実現し、高い実用性を保持したモデルです。

vgj_001
vgj_002

新型「T-Cross」は、全長は4,115mm、全幅は1,760mm、全高は1,580mmと、フォルクスワーゲンのSUVファミリーの中で最も小さいコンパクトSUVです。1.0ℓ 3気筒のTSIエンジンは、最大出力85kW・最大トルク200Nmを発揮し、7速DSGを組み合わせることで、軽快かつ俊敏な走りを実現しています。また、フォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」を採用し、このクラスで最小レベルのコンパクトなボディでありながら、広々とした居住性と広大なラゲッジスペースを両立した実用性の高さを実現しました。

vgj_003
vgj_004

新型「T-Cross」は、存在感のあるボンネット、ヘッドライトと一体化したラジエーターグリル、ボディサイドを水平に走るキャラクターラインを特徴としています。力強いショルダー部がパワフルな外観を強調し、リヤエンドの横幅一杯に広がるリフレクターバンドが、クルマの幅広さを視覚的に演出しています。また、2,550mm のホイールベースにより、最大5人の乗員がリラックスできる広々とした室内を実現しています。

vgj_005
vgj_006

加えて、新型「T-Cross」はワイドでスタイリッシュな都心派デザインで、リアもコの字型にテールライトを一直線に結んだ先進的なデザインです。新型「T-Cross」の日本仕様は、導入を記念した特別仕様の「T-Cross TSI 1st」 とさらなる装備の充実を図った「T-Cross TSI 1st Plus」が用意されます。「Plus」にすることで「T-Cross」のデザインカスタマイズのバリエーションを増やすことができます。

vgj_007
vgj_008

また、新型「T-Cross」には、「MQB」の採用により、上級モデルに採用される先進安全装備を多く採用しています。安全性では、「アダプティブクルーズコントロールACC」や歩行者検知機能を備えた「プリクラッシュブレーキシステム」、駐車支援システムの「パークアシスト」などを標準装備としています。そして、快適性では、日本仕様車には新たに手をかざすことでも操作することができる最新ナビゲーション「ディスカバープロ」やスマホを置くだけでチャージすることができる「ワイヤレスチャージャ」などを標準装備としています。

vgj_009
vgj_010

メーカー希望小売価格(税込)は、「T-Cross TSI 1st」が 2,999,000円、「T-Cross TSI 1st Plus」が3,359,000円です。全国のフォルクスワーゲン グループ正規ディーラーにて、11月27日より受注を開始し、お客様への納車は来年1月以降を予定しています。ぜひ、ご期待ください。

○新型「T-Cross」についてはこちらから。
https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/t-cross.html

○フォルクスワーゲン グループ ジャパン 公式サイトについてはこちらから。
https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォトギャラリー