JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

新型「マセラティ レヴァンテ」を発表

2016年5月23日


~マセラティ史上初のSUV~

マセラティ ジャパン株式会社は2016年5月10日(火)、ザ・キャピトル東急ホテル(東京都千代田区)にて、マセラティ史上初のSUV「マセラティ レヴァンテ」を発表いたしました。

pic_maserati1605_a
pic_maserati1605_b

発表会では、マセラティ ジャパン株式会社 牧野一夫 代表取締役社長によるマセラティのビジネスの状況に関するプレゼンテーションの後、「レヴァンテ」が紹介されました。当日の概要は以下の通りです。

マセラティのビジネスの状況

マセラティの地域別売上ランキングでは、北米、中国等の売上が伸び悩む中、アジア圏は2015年には前年比で36%の成長を示しました。また、売上台数ランキングでは日本はトップ3に位置し、日本でのマセラティの販売は年々増加を続け、マセラティ ジャパン発足の翌年である2011年から順調に販売を伸ばしています。2014年にギブリを投入し、1,300台を超える販売を実現、そして2017年にレヴァンテが通年で寄与すると考え、2016年は2017年に向けた体制作りの年と位置付けています。

pic_maserati1605_c
pic_maserati1605_d

マセラティ史上初のSUV「マセラティ レヴァンテ」

「マセラティ レヴァンテ」は、2003年にその開発が開始され、2016年の3月のジュネーブモーターショーで発表されたモデルで、100年を超えるマセラティ史上初のSUVであり、2018年に7万台という世界販売目標を実現させるために重要な鍵を握るモデルです。
SUVモデルは新しいラグジュアリーカーの選択肢として既にポジショニングを確立しており、マセラティは満を持してレヴァンテを投入し、このセグメントに参入します。

マセラティのモデル名は全て「風」に由来していますが、レヴァンテは、「地中海に吹く風」を意味しています。一目でマセラティと分かるスタイル、フロントグリルは、マセラティ100周年を記念したコンセプトモデル「アルフィエーリ」に由来しています。

pic_maserati1605_e
pic_maserati1605_f

プラットフォームは、「ギブリ」のシャーシをベースに、クーペのラインを生かした流麗なスタイリングと卓越したオンロード、オフロード性能を提供できるよう専用開発されました。パワートレインはマセラティ3.0リッターV型ツイン・ターボ・ガソリンエンジンに加え、ターボディーゼルエンジンが用意されています。また、FRをベースとしたAWDシステムを全車に標準装備しています。

pic_maserati1605_g
pic_maserati1605_h

レヴァンテには、マセラティのニューモデルとして新しい装備「アクティブ・エア・サスペンション」が全モデルに標準装備されています。5+1段階の車高がプリセットされており、ドライブモード、ドライブ状況やドライバーの意思によって車高を変更することができ、悪路では車高を上げ、高速走行時や乗降時や荷物の積み下ろしの際は車高を下げることが可能です。

pic_maserati1605_i
pic_maserati1605_j

インテリアはまさにイタリア職人の息遣いを感じる、そのクラフトマンシップが随所に生きており、ドライバーの五感に訴えるイタリアンデザインとなっています。また、インテリアは多彩な選択肢からカスタマイズすることができ、世界屈指のファッションブランド、エルメネジルド・ゼニアによる「ゼニア・エディション・インテリア」も用意されています。

pic_maserati1605_k
pic_maserati1605_l

インターフェースはシンプルで使いやすく、各種の設定機能は一つのモニターに集約しており、日本市場ではイタリア車として初めて、「Apple CarPlay™」と「Android Auto™」を標準装備し、スマートフォンの機能を音声認識やタッチスクリーンで操作することが出来ます。

pic_maserati1605_m

ラゲッジスペースは580リットルの積載量を誇り、更にリアシートを折りたたむことで、長尺物を積載することが出来ます。

pic_maserati1605_n

スポーツとラグジュアリー、伝統技術と最新技術が織りなすレヴァンテは、他のマセラティモデルと同等のオンロード性能と、SUVとしてこれまでのマセラティ以上のオフロード走破性能を有し、そして日常使いにもより適したマセラティです。

レヴァンテは3モデルの展開を予定しています。
マセラティが設計し、フェラーリのマラネロの工場で生産されるV6 ツインターボのガソリンエンジンを搭載する、350馬力の「レヴァンテ」(全国希望小売価格(税込)10,800,000円)、フラッグシップモデルとなる430馬力の「レヴァンテ S」(同 12,790,000円)の2モデルに加え、先に発表されたギブリディーゼルと同じエンジンを搭載する「レヴァンテ ディーゼル」(価格未定)です。

新型「マセラティ レヴァンテ」は、5月10日より受注を開始し、ガソリンモデルは2016年9月頃、ディーゼルモデルは2017年春にデリバリー開始予定です。

なお、上記デリバリーに先駆け、全国のマセラティディーラーで5月13日から8月1日までの期間、本モデルを特別展示する「マセラティ レヴァンテ ディーラーロードショー」が開催されます。(詳細は、 www.maserati.co.jp をご参照ください。)

ぜひお近くのディーラーに足をお運びください。

○マセラティ レヴァンテについてはこちらから。
マセラティ レヴァンテ オフィシャルサイト
レヴァンテ
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/models/levante/levante.html

レヴァンテ S
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/models/levante/levante-s.html

レヴァンテ ディーゼル
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/models/levante/levante-diesel.html

○マセラティについてはこちらから。
マセラティジャパン オフィシャルサイト
www.maserati.co.jp

新型マセラティ レヴァンテ フォトギャラリー