JAIA 日本自動車輸入組合
Menu

新型Alfa Romeo 4C発売

2014年6月16日


~量産市販車初のミドシップモデル登場~

フィアット クライスラー ジャパンは、2014年7月1日から、新型Alfa Romeo 4Cを発売します。
発売に先立ち、同社は2014年5月27日(火)、記者発表会を開催しました。

記者発表会では、フィアット クライスラー ジャパン代表取締役社長兼CEOポンタス ヘグストロム氏の挨拶に始まり、製品説明、新たにイメージキャラクターに選ばれた長澤まさみさんへのインタビュー、そしてフォトセッションが行われました。詳細は以下の通りです。

pic_alfa1406_a

pic_alfa1406_b

新型Alfa Romeo 4C

2011年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルが初めて披露された新型Alfa Romeo 4Cは、100年を超えるアルファロメオの歴史において、量産市販車初のミドシップモデルとして、発表時の形をほぼそのまま残してデビューしました。
エクステリア・インテリアの両面において細部まで丁寧にデザインが施され、またカーボンモノコックの採用により画期的な軽量化を実現した同モデルは、スポーツカーの個性と性能を惜しみなく体現しています。

pic_alfa1406_c

pic_alfa1406_d

スタイリングは、1967年にレーシングカーから生まれたTipo33/2 Stradaleを元にしており、 設計時より一貫したデザインと、技術的な制約がある中で実現したスタイリングは、素晴らしい調和を生み出しました。
また、乾燥重量950kgという超軽量化を実現した背景には、カーボンファイバー製のパッセンジャーセル、アルミニウムサブフレーム、低密度のガラス繊維強化樹脂によって作られたボディパネルなどの採用が挙げられます。
4気筒アルミ製シリンダーブロック、新しいターボチャージャー、超高圧式直噴インジェクターなどを最新技術を備えた新型1750直噴エンジンは、スポーツカーとしての個性と性能を余すところなく発揮します。最高出力は240ps、0kmから100kmまでの加速を4.5秒で達成しており、クラス最高レベルを実現しています。
新型Alfa Romeo 4Cは、6速オートマチックトランスミッション「Alfa TCT」を搭載。マニュアルモードとオートマチックモードを使い分けることができます。

pic_alfa1406_e

同日発表となったAlfa Romeo Giuliettaの新しいラインアップは、2014年6月7日(土)より販売が開始されます。

女神を意味するミューズの名のもと、新しくイメージキャラクターに選ばれた長澤まさみさんは、アルファロメオについて、「特徴的な赤と美しいフォルムが印象的。皆さんにとって、楽しく、自分がキラキラ輝けるようなクルマがアルファロメオであってほしい。」と、ミューズとしての思いを語りました。

pic_alfa1406_f

新型Alfa Romeo 4Cの価格は783万円~、導入時限定仕様のAlfa Romeo 4C Launch Editionは891万円~となっています。

pic_alfa1406_g

○Alfa Romeoについてはこちらから。
アルファ ロメオ ジャパン ホームページ
http://www.alfaromeo-jp.com/

新型Alfa Romeo 4C 記者発表会 フォトギャラリー

本記事の取材は、2014年5月に行いました。